2009年08月07日

容疑者 酒井法子 +

 昨日でしたっけ?

 いつでしたっけ、なんかテレビの速報で、酒井法子さんの子供を保護しました、って流れたの・・・・


 ノリピー・・・・本当、悪いほうの事情で、大車輪の活躍ですよね・・・

 えっ、酒井法子がまさかでしょう?って、

 思うことはサクラは基本ないです・・・。

 容疑者がノリピーでよかったなぁ・・・・・・・ですね。

 他に同じような時事ネタでいうところの、押尾学でよかったなぁ・・・

 的なね。

 これが、同じサカイでも、酒井美紀とか、こっちのほうの坂井さんでなくってよかったなぁ・・・・って。

 芸能人・・・・系が薬物で捕まるときとかって、もう、何か重大な出来事から目をそらさせるために、芝居じみた感があっての逮捕劇みたいなイメージがありましてね・・・・・。

 そういうの感じると興ざめするんですよね・・・。

 で、大概、捕まってもいい感がぬぐえない状況の、今が旬、ではない人か・・・・・

 もうはまっちゃってどうしようもない人。

 昔の 故 尾崎 豊さんみたいなね・・・・

 死んでしまった人を悪くは言えないですけど・・・・しかも、今でもその当時から好きな人にはカリスマなんでね・・・・

 でも、サクラは思うんです・・・・

 走りでいえば、太宰治 の作品とか、覚せい剤打ちながら創作されたものって、ずる、しながら作ったものだから、それがどんなにいいものでも、認められない・・・・・認めちゃいけないような気がするんですよね・・・・

 昔 いっとき、はまったときがあって、太宰ってかっこういいみたいな勘違いしていた若き頃がありましたけど・・・・

 絶対に素面で作ったものでなければならない、とは言いませんけど、太宰しかり、尾崎しかり・・・・・

 クスリ臭いものは、歳を重ねると、どんどん嫌になってくる。

 好きで、快楽のためにやっている分にはいい?と思うんですけど。

 その匂いが、作品に入り込んでいるものはダメな気がしますね。

 まぁ、そのへんは今回のネタに関係ないので、やめまして。

 
 どうでしょう?酒井法子さんの行方・・・・・


 なにごともなく、姿あらわしてくれたらいいですけどね・・・。

 追い詰められて 死 とか、なんかもっと悪いことにならなければいいんですけど・・・

 で、どうなんでしょうか?

 行方・・・・・

 これを一般人と覚せい剤、と、警察・・・から、裁判、判決までをシュミレートしてみると・・・・・。

 まず、警察官への情状は非常に悪いですね・・・。

 あと、一般にも相当悪いです。

 そうなってくると、何が何でも、警察は(検察も含めてですね)有罪に持ち込もうとします。

 このような逃走劇(または籠城)しちゃうと、基本、初犯だと、所持、または、使用のどちらかだと執行猶予で実刑免れることができるんですけど・・・・

 特に芸能人で、営利なしの使用目的の所持 であったりする場合は、使用と所持ダブルで起訴されても、情状面を強調すれば、執行猶予になりやすい。

 あと、覚せい剤事犯では、通常の一般人には無理と言われている保釈請求もとおっちゃって、全然、勾留なしで、執行猶予もらっちゃうケースも多いのに・・・・・

 なんで、こんな劇的な逃走しているんですかね、ノリピー…(T_T)

 
 で、一般人であれば、こんな派手な逃走劇しちゃったら、初犯で、一発実刑の可能性大となると思いますね・・・・

 あくまで、所持、使用、どちらか一方を検察側が立証できていることが前提ですけど・・・・立証されていたら・・・・でも、女性の場合、特に覚せい剤の場合は、とかく男性よりも甘いジャッジとなります。

 女性の場合は、未だにダブル執行猶予(1回目執行猶予で、その間に、もう一度覚せい剤で捕まって、さらに執行猶予をもらうというウルトラC)もありえるんで、もし、酒井法子氏、子供の行方不明事件も起こすことなく、反省しているような状況で素直に捕まっていれば、今回、旦那のほうが先に捕まっているので、旦那がやっていたせいで・・・
 
 と女性の逃げの法が適用されるので、確実に執行猶予ですんだのに・・・

 もし、一般人の人が、子供の行方不明捜索等、これだけ世間を騒がせての逮捕となったら、女性でも一発実刑になると、というかならないと世間一般が納得しない・・・・と思われます。

 なぜ、このような方法を酒井法子氏とってしまったんでしょう?

 報道番組のアドバイザーも、ちょくちょく口にしていましたが、裏で逃走幇助している人間がいる、説が有力でしょうね。

 覚せい剤を使用していたことが、世間にばれると芸能人としての自分が終わるから・・・・・・だから、逃げちゃったのかなぁ?って・・・

 確かに俗に”柄をかわす”って言われている、今回、酒井法子氏がとった手法で、覚せい剤の強制家宅捜査から逃げる人は一般的には多いです。

 事前に情報をつかんで、家に何も残さずに、2週間くらい逃げる。

 それだけで、覚せい剤事犯は、警察の捜査の目から、逃れることのできる特殊な犯罪です・・・・・

 警察が、1回捜査令状を取って空振りすると、裁判所は”次”の捜査令状を出したがらなくなる・・・・

 だもんで、覚せい剤事犯の場合、この空振りをさせることができると、かなり有名な中毒者でも、なかなかというか、一向に捕まらない、捕まえることのできない人間となることができる。

 そんな浅いシナリオ夢見たのですけね・・・・ノリピーは。

 でも・・・・

 今回の酒井法子さんのとった方法は、彼女が一般人で、かつ、その疑いは自分だけに向けられている、今回の場合は旦那というもっともつながりの深い人間が先に捕まっているために、どうやっても逃げきれるものではないのですが・・・・・。

 それに、自分がやったことだけを隠したいというかなりのエゴだけで、世間を騒がせ、しかも逃走を図っているとなれば、通常の一般人にはしない髪の毛の鑑定ってやつが、でてくるような気がしますよね。
 
 まだ、逃走中の一容疑者でしかない人の話を、サクラの偏見で少し面白おかしく書きなぐりすぎましたけど・・・・

 
 最後に今回の事件、まだ、これは序章にすぎないのでしょうけれどまとめておきますと・・・・

 1)このニュースは、政治関連から、目をそむけさせるための策略的に使われている事件ではなかろうか・・・・ということ(ただ、酒井法子氏も旦那も犯罪を犯していたのは事実でしょうから、そのあて馬に選ばれたとしても仕方がない・・・)

 2)普通に芸能人逮捕のシナリオが、酒井法子氏のとった逃走という方法によって思いもかけない方向性に行っているということ、また、必要以上に、大きなニュースとなったこと・・・

 3)酒井法子氏は、自分のことしか考えていない、人・・・

 4)どうでもいいけど、姿をさらしたあとに取る酒井法子氏の行動・・・・・(全然予測不能ですね・・・・たぶん否認するんでしょうけど・・・・否認したら、接見禁止、たぶん、保釈も認められないはず・・・・どこまで、警察、検察ががっちりした証拠≪今回、ガサ入れであがった本当に酒井法子氏のものかどうかわからない現物ではなく、どうやってもゆるぐことのできない法廷を維持できるだけのモノ≫を持っているのか、わからないので、どうなるのかが、今の段階でまったく予測できないですね)

 5)あらためてサクラは、こういう話が好きなんだなぁ・・・と。

 覚せい剤とかではなく、物語じゃ起きない予測不能の現実のすごさですか・・・・・・この頃、ブログUPしていなかったくせに・・・・って自分で自分の性癖に、もの申したい気分ですね・・・・。

 とりあえず、書きたいように、サクラ流に容疑者 酒井法子 書いてみましたけど・・・・・・

 わけわからなくてすみません。

 以上です。

 サクラ
 
posted by サクラAME at 20:01| ☁| Comment(0) | 覚せい剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


:.☆FC2小説☆.:.
全部無料でオンライン小説を!【FC2小説】 オンライン小説を、読み放題!創作し放題!! FC2小説ならパソコンでもケータイからもアクセスできます。


電話帳ナビ
あなたの店舗を電話帳ナビに載せてみませんか? 店舗紹介で動画掲載が出来たり 集客効果の高いクチコミ情報が得られる電話帳ナビを、まずは試してみよう!


新生銀行
もうくる円安、即GO!!外貨(全10通貨)為替手数料0円。

チャージして使う!国際キャッシュカード
スルガ銀行のATMは勿論、その他のATMでもチャージ(入金)が無料でできます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。