2009年11月27日

過去の判例優先主義の判決じゃ〜、何も変わらんよ。

 元女優の酒井法子さん(38)=覚せい剤取締法違反罪で執行猶予判決が確定=の夫で、同法違反罪(所持、使用)に問われた自称プロサーファー、高相(たかそう)祐一被告(41)の判決公判が27日午前、東京地裁で開かれ稗田(ひえだ)雅洋裁判官は懲役2年執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

 上の文面は、YAHOOニュースから切り取ってきた記事の内容である。

 酒井法子らの起こした 覚せい剤 使用、所持事件は、一般的に考えたら、かなり悪質なほうではないかと思う。

 夫の高相氏も、酒井法子氏も、どっちにも、情状酌量の余地などほとんどないし、また、警察の捜査法やに反論できる部分もなければ、使用、所持に至った経緯についても、快楽を求めて使用した、それ以外の正当な事由もない。

 今は、一般人でも、入手経路を話すと生命の危機に瀕するなど、それは極端だけれど、公判でそれを話すことで、自分の身が相当危うくなる、などの理由をかんがみ、警察、検事の捜査でも、入手ルートについて、話すことの強要はあまりしないようである。

 ただ、入手ルートについての事実供述は、執行猶予獲得の絶対的必要要素のはずであったものが、今回の高相氏のように、外国人からもらった、拾った、という誰から見ても嘘の供述であるにもかかわらず、執行猶予を与えてしまうということは、この先の覚せい剤事件(日本の犯罪者のトップ2の犯罪、再犯率に至ってはダントツのトップ)で、初犯であれば、どんな最悪な状況での逮捕、供述であっても、執行猶予の年数に差はあっても、実刑を免れることができるという認識になってしまうと、サクラは思うのである・・・・
 
 今回の判決は、この未来により以上多くの覚せい剤常用者を増やす、そのための布石になった、そう思わざるを得ない。

 「どうせ、パクられたって、一発目は執行猶予だよ」
 ってなっているはずです。今、やっている人たちは・・・・

 ただ、サクラは、やっている人そのものは、頭から批難しない。

 リスクというか、自分が今行っている行為の罪の重さを、理解しながら、やるんだったらやる。

 「パクられても、執行猶予だろう」
 ってライトドラッグでもやるような感覚がまずいのであって。

 「これやってるの見つかって捕まったら実刑なんだよな」
 って自分が今使用しているドラッグの持つやばさや、罪の重さを認識してどうしても使うというのなら、使ってほしい・・・・
 
 だから、今回の高相氏、または、逮捕前に逃亡というやってはいけない行為をやってしまった酒井氏 できればどちらとも、最悪、高相氏は、実刑にするべきだった、そう思います。
 
 夫婦そろって覚せい剤での逮捕って、そうめったにあることじゃ〜ないし、二件の犯罪を同時に進めていく上での難しさはあったと思う。

 逮捕状が出ているのに、逃亡した最悪の行動をした妻のほうに、執行猶予を与えるのなら、逃亡せず、その場ですぐにお縄になった旦那の高相氏も執行猶予にしなければ、同じ覚せい剤事犯で、ずれた判決が出るのはおかしい、ってことになるのかもしれない・・・・

 でも、入手ルートに関して、外国人からもらった、拾った、なぞとふざけた発言をしているものに、執行猶予を与えていいわけもない。

 今は、自分の身が危うくなるから、入手ルートを話すことは、怖くてできない、と素直に供述することにも寛容になってきているらしく、ちゃんと、そういう風な供述をした場合、執行猶予がつくこともある、という話である。

 なのに、外国人からもらった、拾った、という、わが身かわいさにとぼけたことを言う高相氏へ執行猶予を与えるのは、裁判官が自分の口で、再犯してください、そう言っているようなものだと思う。

 通常の覚せい剤使用・所持事犯の公判では、入手ルートについては、公判の中で、弁護士、または、検察の尋問で、被告自ら明確に答えなければいけない場面がやってくる・・・・・

 たぶん、100%、誰かから買って、使うなり、所持しているのだが、被告の立場になると、できるだけ、売った人間のことは話したくない・・・・という人間と、まぁ、普通に自分かわいさにベラベラ話す人間とにわかれる・・・

 売った人間のことを話したくない、ということは、公判後、執行猶予、または実刑になって刑期満了後、また、覚せい剤を使うための入手ルートを維持しておきたいから、話さない、という人間と、本当に話すことができない、または、話すことはある種の仲間を警察・検察に売ることだからしたくない、という人間にわかれる。

 そして、この後者の中には、入手ルートに関してはじめから言うつもりもないし、別に、執行猶予もいらないし、刑が重くなってもどうでもいいとなって「空から降ってきた」みたいな供述をするものと、

 売っている人間は顔なじみだが、名前も、今は電話番号もわからない、乗っていたクルマもわかってはいるが、車種まではわからない、ここで、写真を並べてもらえば、指をさすことくらいはできる・・・
  (これはあまりいさぎよしではないけど・・・)
 とか・・・・

 自分の起こした事件で誰一人にも迷惑はかけられないので、事件に関する人間の個人名だけは、供述できない、と最初から述べておいて、取り調べに挑む方法もありきである・・・・・(これは執行猶予にならない可能性大)

 あとは、覚せい剤事犯の捜査は、犯罪を犯した本人もそうだが、捜査する警察のほうも、ずさんであるために、逮捕前捜査や、その後の捜査、まだ、逮捕状も出ていない人間への行き過ぎた任意捜査のせいで、無実ではないが、法律上の問題から、無罪になることもあるし、使用だけは立件されたが、所持については、状況証拠の曖昧さ、供述との食い違いの差から、立件されないとか、そういった捜査側のずさんさが、公判時に露出されてしまった場合・・・・
 
 裁判官の意にそぐわない形の執行猶予だとか、無罪、そういう事例もあったりする・・・・

 まぁ、とりあえず・・・・・ぱっぱらぱ〜サクラの偏見的な意見であり、うんこみたいな知識のひけらかしなので、専門的に、または、倫理的に間違ったことを書いているかもしれませんが・・・・

 そのへんはどうかご勘弁を・・・・

 サクラ

posted by サクラAME at 17:05| 🌁| Comment(0) | 覚せい剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


:.☆FC2小説☆.:.
全部無料でオンライン小説を!【FC2小説】 オンライン小説を、読み放題!創作し放題!! FC2小説ならパソコンでもケータイからもアクセスできます。


電話帳ナビ
あなたの店舗を電話帳ナビに載せてみませんか? 店舗紹介で動画掲載が出来たり 集客効果の高いクチコミ情報が得られる電話帳ナビを、まずは試してみよう!


新生銀行
もうくる円安、即GO!!外貨(全10通貨)為替手数料0円。

チャージして使う!国際キャッシュカード
スルガ銀行のATMは勿論、その他のATMでもチャージ(入金)が無料でできます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。