2009年11月30日

沖縄へ行きたいよ〜ん

 北海道は、もうしばれる冬である・・・・

 雪の多い年であれば、もう、雪が積もって寝雪になってもおかしくない時期である・・・

 しかし・・・

 今年は、降雪が少なく、雨模様のときは気温が下がらず・・・・

 冬らしからぬ風景が広がっている・・・・

 こうなってくると、逆に、少しくらいは雪が降って、積もって、北海道の冬らしくなってほしいと思うのだが・・・・

 そう思っていると、なかなか降らないのが雪なのである・・・

 思うに、今年の1月末に長野から新潟まで、高速道路で移動し、そこからフェリーで苫小牧につき、苫小牧から帯広にたどり着いた、あのときの各地方の積雪量の少なさにはビックリしたものだ。

 当時、長野・諏訪地区も降雪は少なかったほうだけど、でも、そこそこ積雪はあって、で、まぁ、中央道から長野道へと北へ走ってゆけば、かなりの積雪はあるだろうと、緊張しつつハンドルを握って新潟へ向け、ひたすら北上するも、雪が全然積もっていない・・・

 そして、日本海側へ抜け、サクラの運転する車は新潟へ入ってゆくのだけれど、豪雪で有名な新潟にも、積雪がほとんどない・・・

 フェリーに余裕を持って乗るために、新潟へ前乗して小さな宿に一泊してと、余裕があったため、観光とまではいかないけれど、ちょいちょいと新潟市を見て回ったりでき、人柄もよく、物価もそう高そうでなく、いい街だなぁ・・・・って感想と、もう一泊したかったな・・・という後悔を持ちつつフェリーに乗って苫小牧へ向かった・・・

 その苫小牧でも、また、びっくりさせられたのが、雪がなかったこと・・・・・

 「あれ、サクラこれ、タイムスリップでもしてしまったのだろうか?」

 1月の終わり、2月の初め、一番雪が多くなくてはいけない時期に、まったく雪がないのである・・・・

 「あぁ、やっぱりいんんだ、冬だよ」

 そう実感させてくれたのが、日勝峠。

 しかし、日勝峠まで、まったく雪のないアスファルトを走行してきたため、初の、圧雪、アイスバーン状態の道が険しい峠。

 上りこそ、時速40キロで行けましたが、下りは時速30キロ以下・・

 時間が時間で、午前4時とかそんなんでしたので、後ろに渋滞の列を作ることもなく、峠を下ってくることができましたが・・・

 そんなこんなで帯広についてみると、やっぱり積雪がない・・・。

 CO2による温暖化とか、なんとか緩い問題ではなく・・・

 こりゃやばいことでも突然起こるのではないかと見まがうほどの風景・・・・

 実質、長野の諏訪地区よりも雪がすくない・・・・

 なんか大変なことえも起こるんではないかな・・・・って、思っていたら、やっぱり起こりつつあるみたいで、温室効果ガス云々の問題ではないところでの、雪不足・・・・

 ECO ECO ECOで減らそうCO2・・・・・・

 そんな問題でないっしょ・・・・・北海道の冬が・・・・完全に1ヵ月以上ずれている・・・・・

 それは、もう、我々人間の努力ではどうすることもできない異常気象です・・・・・

 2012年に地球が滅ぶとは、思いませんが・・・・・

 なんらかの淘汰作業というか、地球自体が選択した淘汰作業というかそんなものが、始まっているぜぃって思わざるを得ない状況・・・。

 自分がどれほど無力なのか・・・・

 まぁ、それを深く考え始めるとノイローゼになってしまうので・・・

 楽観的に、なりたいから・・・・・年明け、沖縄へ、行きたいなぁ・・・・・なんて思う今日この頃で・・・・

 タイ行きは、相談するといつも賢明な判断をしてくださる方からのアドバイスで、中止になったので・・・・

 何国へ向かっている気持ちを満たすために・・・・

 沖縄・・・・

 ダイビング・・・・

 そして気持ちを一変させて、新たな活動へ・・・・

 今のところ、これが一番と思ってはいるのですが・・・・

 もう一度、きちんと考えて、それをサイパンにするなり、いろいろ考えながら、年末迎えたいそう思っています。

 サクラ。






無料DVD

 
 
posted by サクラAME at 19:03| ☁| Comment(0) | 沖縄ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。