2018年08月10日

今期のフジテレビのドラマいいね。

 フジテレビ、バラエティはいまだどうかと思いますが、月9と木10のドラマがいい具合に面白い。

 月9は第1話だけ見ませんでしたが、主演が沢村一樹でしたし、月9はもうドラマあきらめてるのかなって思っていたら、中身が結構面白い。視聴率もそんなに悪くはないみたいですし、やろうと思えばやれるんじゃんフジテレビ、と少し見直しました。

 決定打は木10 グッドドクターがいい。上野樹里出てるし、とりあえず1話だけでも見てみるかって見たら、面白い・・・・。

 サヴァン症候群の主人公ということで、昔やったアタルというドラマが思い出されますが、方向性が違うので、第1話から引き込まれました。

 そして、昨夜の第5話の子供たちが合唱するシーンでは、涙がこぼれてきました。

 視聴率もよかったみたいで、こんな具合にドラマとか作っていけば、頑張れるよフジテレビ、って思いました。


 いまだバラエティは糞みたいなのしかやっていませんが、おい、他局〇パクリのもんばっかりじゃ・・・・・・って言いたくなるような・・・
 他の局のバラエティが面白いというわけでもないですけど、予算削って利益にしたという意味不明な復活方法を選んだフジテレビの未来は明るくはないけど、ドラマだけでもグッドドクターのレベルで維持出来たら、もしかしたら、何某かの活路が見いだせるかも、そう思います。

 今期一押しのドラマ この世界の片隅に は自分的には面白いけど、視聴率で苦しんでいるみたいだし、ハゲタカは、2部になって、もう面白くない方向に行っている気がします。

 全局通して、バラエティは、ほぼ見ません。見る番組もありますが、ほとんど録画して、眠る前に見る。パターンです。

 たぶん、今一番攻めてて、面白いバラエティは、NHKのライフだけだと言い切れます。

 コントバラエティがNHKに作れて、民放に作れない、変な時代になりました。

 深夜でもコントはやらない。冒険はしない。コントは風刺が肝になってきますから、コンプライアンス的にその隙間を縫うようにはやれないということなのでしょうが、せめてライフ以外で、もうひと番組くらい、笑いに尖った番組あってもいいのではないかと思います。


 
posted by サクラAME at 18:03| 北海道 ☔| 帯広ディズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする