2017年09月15日

禁煙と血糖値と・・・・・

 こんばんわ 

 サクラです。
 なんか、禁煙すると、いいことだらけみたいな記事とかあったですが、そんないいこと特にないです。

 お金がかからなくなったのと、実はこの8年の間に糖尿病を患ってしまい、その血糖値がちょいと下がった。

 アッ、それってとても、いいことですね、血糖値ですもんね、上がりすぎれば即死もあるやばい病気ですからね。

 血糖値さがるのはいいこと・・・・・・微妙な数値ですが・・・・・というか、禁煙始めるギリ前に、ヘモグロビンA1Cというものの検査値で、正常値の6.2まで下がってはいたんです。

 野菜炒めばっかり食べて、あと冷めたおにぎり・・・・あっ、新プロフィールだ・・・・

 で、禁煙がダメ押して、その後2ヵ月で、5.6まで下がりました。薬も段階的に少なくなりました。

 やっぱタバコ吸わないと身体にいいんですね。いいことという実感はまるでなくても、数値として示されると、納得せざるを得ない・・・。

 糖尿になったのが6年くらい前で、そのとき8.7くらいだったのが、ここ4年は6.7〜7.0の間を行ったり来たりして、それとなく安定していたんですけど、去年の暮れから、同じような食生活しているのにもかかわらず、どんどん血糖値が上がり始め・・・・3月には、9.6くらいまであがって、次の検査で下がってなければ入院と医者に言われて、そこから今、食べてる食事に変えて頑張りました。

 1食に一個の冷めたおにぎりと野菜炒め、まぁ、そればっか食べてましたね。あとは、ごぼうとトマトジュースは欠かさず、肉系のものも、魚系のものも、時折は、甘いものも食べてました・・・・・

 それでも、何が作用したのかわからないのですが、血糖値、正常範囲にビシッとです。

 たぶん、禁煙するに至ったのも、このブログを書くに至ったのも、この糖尿病の悪化(自分の食生活などがもたらした結果)が、きっかけになっているような気がします。

 もう、サクラ、このまま死ぬか、足がもげるか、人工透析になるか、失明するか、どれかだなぁ〜、って、どんどん上がり続ける血糖値を知らされるだけで、何もできそうにない自分にあきらめを感じながら思ってましたもんね・・・・

 そして、その病が災いして、今、禁煙ですよ。たぶん、まだ、チャンピックスという薬は飲んでいますが、たぶんですけど、完全にたばことお別れできそうな感じはしています。もう20年以上毎日吸い続けていたタバコとお別れです。

 よかったです。生きた屍に一度なりかけて・・・・・・・・

 そこから脱出するときに、お土産一つ持ってきたような感じです。

 いろんな記事に書いてあった様々な良いことは、体感できていません。食べ物がおいしいとか、も、感じませんし、イライラもしますし、息も上がります・・・・・それなりの歳なんでね・・・・

 って、なんか久々に書いてたら長くなってきたので、今日はこの辺で、やめます。

 それでは失礼いたします。
 
  
posted by サクラAME at 18:23| 北海道 ☔| サクラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

久しぶりブログ書いてます。

本当に久々にブログ書きます。

ブランク8年です。

その間、サクラ何やってたんだろう・・・・・・

たまにパチ言って、タバコを1時間おきに吸って・・・・・テレビ観て、それだけ。

 今、実は禁煙外来言ってるんです。もう2ヵ月超えました。次回が最後の診察で、終了証もらって終わりです。

 タバコもやめ、パチもやめ、暴飲暴食もやめ・・・・・って、なんかやめることばっかりだったので、思いついたようにボロボロになった過去の遺物であるこのブログ改めて書いて、で、時間をかけて、ページなどのリニューアルもしていこうかな、と・・・・・・・

 昔読んでいてくれた人とか少しはいたんだけど、また、このブログで再会出来たらうれしいです。

 一応、今日はこのくらいで・・・・・・
posted by サクラAME at 21:56| 北海道 ☔| Comment(0) | サクラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

1ドル 86円 = 経済人の民主党への評価

 自民党政権時代に、やっとこ10000円台になった株価。

 1ドルも、90円後半を維持できそうな感じで、なんとか、この流れなら、リーマンショック前の株価 12000円まで、戻るかも・・・・ってなってきて・・・・

 みんなが選んだ民主党に政権交代して、今の株価 今の為替・・・

 公開仕分け・・・・必要なことではあっても、あんなことが民主党政治の主役みたいに取り上げられているような状況最悪だと、わからないのだろうか・・・・

 民主党の議員らは・・・・

 為替が 1ドル 86円、それでいて、株価も下落している・・・

 サクラは経済の専門家じゃ〜ないけど、これ、今、日本が相当やばいのは、一目瞭然でわかる・・・・

 そこへ緊急的処置、と並行して、きちんとした対策しないで、マニフェストに書いたから、それをどうやったって最優先することが、正しい政治と思っているなら、民主党議員は、日本をなくすために組織された知的破壊集団でしかない、そう思う・・・

 お金あげますよ〜って、言って選挙に勝って、勝ったからには、お金あげないとならない・・・・・

 そのためのお金を作るためなら、悪魔にも鬼にもなって、ついでにアホになって、やる・・・・・

 その間に、日本の経済が腐り、本当に大切なものが失われ、壊れたり、修復不可能な状況になろうとも、子供手当を支給するための二〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇以上ものお金を捻出する、っていうのなら、今の日本は異常事態にある、そう言っても過言ではないだろう・・・

 毎日のトップニュースに、蓮舫が画面に映し出されて、わぁわぁ騒いでいること自体が、もう異常事態であろう・・・

 本来なら、株価の下落、為替の暴落、この問題を解決するために東奔西走している各大臣が、テレビに映し出されるような今ではないと、まず、ダメだろう・・・・と。

 とりあえず、少子化対策だか何だかわからないけれど、子供手当に関しては一時凍結して、やるけど、少し待って、先に、株価の正常化・・・・為替の正常化・・・・・

 やらなければ・・・日本そのものが機能しなくなる可能性もあるし、食糧、エネルギーの自給自足ができない日本で、スーパーコンピューターなどの科学技術の予算は削減、カット、廃止って、そんじゃ〜、今から生まれし子、今生きている子供全部いらんだろうって・・・・

 全員が全員、文系に進んだほうが生涯所得が、理工系に比べ、一〇〇〇〇〇〇〇〇だか違うだかで、理工系は減り、文系があふれたって、みんなが大手出版社なり、テレビ局なり、営業職なり、ついたって、科学技術の進歩なくして生まれた純中国産にも劣るような電化製品やら、クルマやらが作られたって、将来、誰が買うんだっての!!

 小説家がいい本書いて、売って、感動して、そこには大手出版社があって、小売がたくさんあっても、そこで生きるために必要な何が生産されているんだろうって・・・・・

 面白いテレビ番組が作られて、国民がテレビにかじりついて観て、そこに何が生産されるんだっての・・・・

 日本は科学の進化、家電の進化、クルマの進化、そこに携わった理工系の技術者がいたから、その後、販売だの、宣伝だのをする文系の人間が高い給与もらえるんだろうって・・・・

 みんながみんな生涯所得で、圧倒的に文系がいいっつって、国家公務員だ、編集者だ、営業職、その他、それ自体は何の生産にもなっていない職業について、弁護士だ、心理カウンセラーだ、ってあふれかえってきて・・・・

 食べるものは?寒さをしのぐエネルギーは?夜の暗闇を照らす明かりは?どうやって、生産するの?

 サクラは、前回衆議院選で、一切、民主党に入れていない。
 
 新党大地 鈴木宗雄 この一人の人間のバイタリティに賭けた。

 元自民党代議士 故 中川昭一氏 は、前年末の株価の暴落のさい、空売り禁止の政策を打ち出して、たぶん、本当は、全財産失ったり、株のせいで、死を選択しなければいけないはずだった人を救った人だ。

 外国でへまやらかしても、どうでもいいと思う、その一瞬の判断で、突然宣言されるような救済的な政策のほうがどれだけ大事か・・・

 去年の今頃のことはよく覚えている。

 サクラは、電力を中心に、YUASA(電池)株を、抱え、どちらも最悪時には、買値の半値以下に下がり、もうダメだろう・・・・
 サクラは、もう、死ぬかもしれない・・・・そのときにテレビが伝えたのは、一部空売りの禁止・・・・・

 そのニュースに一番最初に反応したのが、電力、そして、電池・・
電力はあっという間に持ち直し、送れて、YUASA株も、買値を超えた・・・・

 もう、毎日のように追証、追証で、死にかけていたサクラは、主力でもっていた電力株と、YUASA株を決済し、気がつけば、追証、追証でつぎ込んだ現金が、そのまま株本来の利益にプラスされ、まとまった現金となって、サクラの元に戻ってきた・・・・・

 その後は、ディトレード中心に、一日 数千から 数万円の利益で、決済、それはプラスでも、マイナスでも、きちんと決済し、翌日の相場には持ち越さないルールを決め、微々たるものだけど利益をあげた・・・

 でも、その株価暴落、異様な円高のせいで、クルマ、電化製品の輸出は激減し・・・・・自分でやっていた株はなんとか、マイナスを出さずに乗り切れたが、当時、サクラは、めっちゃ旬だった派遣社員ということで、12月中旬に、”解雇通告”を受けた・・・・

 今年の正月の派遣村のこと、自殺者のこと、あれから1年たつが、忘れてはいけない悲惨な事態だった・・・・

 そのときに、投資と貯蓄で、なんぼかのまとまった現金を持っていたサクラは、家なし子にならずにすみ、長野から故郷の帯広に戻ってくることができたから、その日暮らしで派遣社員をやっていた人間みたいにはならなかったけど・・・・

 そういう人間にならずに済んだのは、故 中川昭一氏の適切な処置のせいだと、今も思っている・・・

 もしも、株価の下落がおさまらず、そのとき、もしサクラ一文無しになっていたら、今のサクラはいないと思う・・・・

 たぶん、東京でタクシーの運転手か、パチンコの打ち子か・・・

 どちらがサクラにとってよかったのかわからないけれど・・・でも、株価の暴落、為替の暴落が、あんな風に、簡単に、株や為替そんなこととは無関係に見える末端の派遣社員、そのときは正社員も解雇されているけど、直接的にそういったものとは無関係に見える自分が、簡単に”くび”と解雇通告を受け、一時的に行き場を失う目にあう経験をすることがあるなんて、思ってもみなかったし、実際に自分の身にふりかかることはないだろうと思っていた。

 でも、あのとき、1年前に、何万人もの人間の解雇を、ダメだダメだ、と遠くから言いながら、でも、実行させ、実績を残させた日本の経済は、この先の未来でも、自らの存在を守らなければいけなくなったそのとき、ためらうことなく同じような解雇者を、また出すと思う。

 民主党は、1年前のあの惨事のことなどもう過去の亡霊だと思っているのだろうか?????

 バラマキのお金を確保するために、スーパーコンピューターの開発費を削減して、文系に進むこと、最悪は、公務員になることを将来の目的とするわけのわからん世代の子供に二万五千円以上もの金をくれてやるのだろうか・・・・???

 それなら、科学者目指す、技術開発者を目指す、農林水産業の改革者を目指す者だけに、助成をする。

 文系の人間は、もしも戦争になった、外国との貿易が閉鎖された、そうなったときの日本では、一番使えない人種なんだから・・・・

 そのときは暴力が、農業従事者が、ペテンよりも、腕力がモノを言うだろう・・・そんなときに、あれ弁護士だ、公務員だ、テレビ局の人間だ、ってうんこちんちん的な存在だろう・・・・

 紙幣価値がなくなり、生命の保証はない。

 そういった極論というか、極端な未来は訪れないだろうけど・・・

 でも、生涯所得の多い少ないだけで、文系に進むことをよしとする子供社会であるなら、ばらまきの子供手当のために、増税される側のサクラは、今から文系に進もうとする子供へ、少なからず憎しみに似た感情を抱くことになる・・・・

 そんな気がした、今日、いつもの市営プールでも、自己中心的な子供のたった一人の行動が、子供は大切なものというサクラの認識を、子供は、最低限必要なだけいれば問題ない生き物と思わせるトリガーを引かせた・・・・
 
 何が起こったのか詳しくは書かないが・・・・・

 自分が悪いのに、謝ることもなく、サクラのことを悪党を見るような目で見た一人の子供・・・・・

 たったそれだけなんだけど・・・・・

 サクラは、今日から子供嫌いになりそうである。

 サクラ 


 
 
posted by サクラAME at 21:05| ☁| Comment(0) | サクラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする