2009年11月12日

サクラのつぼ

 昨日というか、このところは、おおよそ2週間に1度、十勝・池田町のタイ古式マッサージ ホックへ施術を受けに行っているのだけれど・・・・

 ここ2回は、フット(足つぼ)マッサージを施術してもらっている。

 ホックでは、足つぼも、2時間 5000円で、下半身全体を、ゆっくり、じっくり、施術してもらえるので、日頃の疲れが下半身に溜まってしまうサクラには、ホックの先生くらいのけっこうな強さで、足つぼマッサージをやってもらえるのは、非常にうれしい。

 ただ、サクラの足裏は、角質とか、そういうことの問題ではないところで、硬い・・・・
 
 どこのマッサージ師、整体の先生にも、ツボまで指が入らないんだよね・・・・ていつも苦言を言われる・・・・

 一番最初にはまった足つぼの先生の、押す威力が半端なかったことが、そのへんに繋がるのだと思うが、

 サクラ的には、

 基本、どこの整体系、マッサージ系の店でも、フットは、下手である。
 それが一番の問題である。

 というか、ちゃんとできないのに一応メニューに載せていないとまずいので、のせて、ど下手の人間にも、やらせている、という感がする。

 でも、全身とのセットメニューで安くやれる店があるので、どうせその程度の値段なので、どうも文句も言えないや、そんな感じで受けていた・・・・

 足つぼマッサージそのものが、大変なのも、サクラなりに理解しているつもりだし、今のサクラの気合いの入っていない肉体で、足つぼマッサージを施術する側になって、できないなりにやってみろ、と言われたら、無理です〜って逃げ出すとも思える・・・

 サクラの行っている十勝・池田のタイ古式マッサージ ホックの先生は、足つぼもうまい・・・・

 痛い!!!と悲鳴を上げるほど痛くはないけど、効いているな、と実感できるし、その後の体調もよくなる・・・

 ただ、その分、きついだろうな、とも思う・・・・

 帯広の足つぼ先駆者である、帯広フットケアセンターの先生みたいに、右手の関節に指ダコができて、朝から晩まで、ガンガン施術し、その上で、”なんか、ほかにもうかることないやろか〜”みたいにやっている先生は、とりあえず別格で・・・

 他の整体院・マッサージ院全体の中では、ホックの先生は、足つぼマッサージも、できる帯広では数少ない施術師ではないかと思う。

 このところはまっているタイ古式マッサージへの贔屓分を差し引いても、足つぼマッサージを気持ちよく受けたいなら、ホックは行くべきだと思う。

 ただ、痛い!!!と悲鳴を上げながらやりたい ドM の人は、帯広フットケアセンターへ行くことをお勧めするし・・・・

 英国式みたいな温いリフレクソロジーでいいのなら、帯広市内はどこへ行っても同じ・・・・だとサクラは思う・・・・ただ、市内全部のお店を行くことはサクラもさすがにはできないけど、新しくできて行った何軒かは、

 足つぼマッサージでお金をとっていいレベルではない・・・

 だから、リフレクソロジーという言葉を前面にだしている新規店は、いかない、いかないようになった・・・・

 お金と時間の無駄だからだ・・・

 ただ、そのへんは、あくまでも、素人サクラの偏見の中での評価なので、参考にしないでというか・・・・

 帯広の人でこのブログ観ている人も、少ないと思うので、ただの愚痴だと思って読んでもらえればそう思います。

 今というか、もうここ10数年、帯広は本当、慢性的な不景気で、就職困難であることも後押ししてか、整体院・マッサージ院乱立状態で、やばいくらいの価格破壊も起こっている状況である。

 そこにきて、タイ古式マッサージという新しいジャンルの生き残りは、大変であろう・・・・そうも思う・・・
 
 その施術がいかに優秀であっても、”ザ・日本人”の他国文化排除というのか、鎖国的というのか、いいものであっても真っ向から受け入れることを、拒む性質はそうそう簡単には修正されないと思う。

 そこにきて、サクラも、タイ古式マッサージを学んでみたいと思うようになったのだが・・・・

 仮に学校で施術を学んできても、この小さな町・帯広で、生活を維持しつつ商売としてやれるのか?それが、不安で、及び腰になっている。

 ただ、行かずして、やらずして、は、何も変えることはできないんだし、とにもかくにもここから前にはいけないので、できれば、タイへ行き、学んできたい、そう思ってはいる・・・・

 でも、は〜・・・・・である。

 沖縄へダイビングの免許を取りにゆくのとは、ちょいと違うのである。

 どうすればいいのか・・・・・・

 ここで結論はでないけど・・・・・未来に何がしかの選択の道ができたことに対し、いい意味で高揚している今の気持ちを大事にして、このダラダラ生活脱却へ、健康の道へ歩んで行けたらいいなぁ、と思いつつ、いつものように、中途半端ではありますが、今日はこの辺で・・・・・ 

 サクラ
posted by サクラAME at 18:47| ☁| Comment(0) | 整体・足つぼ・マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

タイ古式マッサージ ホックに行ってきたよん。

 6月8日  昨日ですね・・・・・。


 やっとこすっとこ、十勝・池田町のタイ古式マッサージ ホックへ行って、施術受けてくることができました・・・・。

 サクラは、帯広市でも、西のほうに住んでいて、池田町まで、26キロくらいかなぁ・・・あるもんで、”よっしゃ、行くか”って、気合(なぜなら、サクラは、クルマを長距離乗りするのが苦手)入れて、電話して、行くんですが・・・・。

 それでも、十勝地方の道路のインフラ整備って、すんごい進んでいて・・・・。

 サクラの住むマンションから左折1回して、右折1回して、もう一回左折して、十勝川を越えて、隣町の音更町に入って、右折1回すると、あとは、もう、信号や、交差点はあるものの、1直線で、池田町利別(サクラの生まれた場所)へ、行くことができます。

 途中に、橋やトンネルや、あと、十勝川温泉地区を通ってゆくことになるのですが、20数キロの道中、4回の右折左折をして、あとは一本道を走ってゆけば、帯広から、音更を越え、池田町利別につくことができます。

 利別はサクラの生まれ故郷ということで、普通の人が使わない裏道を通ることで、裏道だけで、池田町本町手前の池田大橋につくことができます・・・。

 そこから踏切を渡って、すぐに左折し、数百メートル走ったところに、お寺が見えてきて、そのお寺の手前の細道を右へ入って少し行くと、ホックにつきます・・・。

 
 帯広は、人口比率的で考えると、結構なマッサージ流行都市です。

 老舗の大手で、関口治療院というところがあります。

 昔のサクラご用達のお店で、揉んでもらう人も、決まっていた・・・。

 帯広に戻ってきて、1回行ったのですが・・・。

 帯広は、まだ、足先から、順にほぐしていくのではなく、肩、首から下へ向かって揉んでゆくのが、主流で、たぶん、整体などは、他地区ですと、足先から順に、リンパ節揉みほぐし、て、最後に肩首が主流ではないかと思われ、長野での足先からの揉みほぐしになれたサクラは、とても通いなれたマッサージ院ではあったのですが、そのときだけは気持ちいいんだけど、疲れそのものがとれない、というジレンマにおちいり、関口治療院には今は行っておらず・・・・・。

 ちなみに、50分 3500円  破格ですね・・・・・。

 で、数件整体などを行ってはみたんですけど、合わなかったっていうことで、

 もっと破格の 60分 3500円という、ここも首肩から、揉み始める施術式なのですが、とりあえず、肩こったってな、ときに、今は、ここへ行っています。

 なんせ、マッサージ系で、肩首からやられちゃうんだったら、どこでも、おんなじで、一時的な辛さ回避できるけど、長く体調をよく維持できないんで・・・・。

 ただ、帯広人は、この肩首から入るマッサージに、慣れてしまって、たぶん、足からやると、”なんで足からやる必要があんだ、そんなとこやらなくていいから”ってなりそうですね・・・・。


 だいぶ前に、芦別の整体師さんから説明を受けたときは、”だって、あんた、先に心臓から遠い部分を揉みほぐしていかないと、血流の流れ的に、きちんとならないでしょう”と言われ、納得、しかも、この整体師さんに施術受けると、心の芯から疲れがとれ、2週間くらいバリバリやれるようになるから、すごかった・・・・。

 今は、タイ古式マッサージにはまっているから、タイ古式のお話すると、やっぱり、足先から順に上へゆくんですね、あとは、変に凝りをほぐすというより、リンパの流れを、正常化させてくれているというか・・・・・・、サクラは痛いくらいでお願いします・・・って頼んでるから、痛いですけど、でも、昨日あたりは眠るまで、身体ポカポカしてましたね・・・・・・。

 熟睡もしましたしね。
 まぁ、夢は見ましたけど・・・。

 あと、今日も身体の調子がいい・・・・。

 痛い = 揉み返しにならない・・・・・。

 足のふとももの、リンパ節の大事さっていうか・・・・・。

 大阪の難波のタイ古式マッサージを受けたときは、タイ古式マッサージがどんなものであるのか、わからず、1時間の予約だったため、ほぼ、下半身の施術で終わりましたが、サクラ、気持ちよくて眠ってました・・・・。

 あとあとメニュー見せてもらうと、2時間コースとかが、やっぱ、標準で、1時間だと、足で終わる・・・・・んだな・・・・って。

 でも、その店には、また、生きたいってずっと思っていましたしね。

 そういうのもあって、サクラは、タイ古式マッサージが、大好きになったんですけど・・・・・・。

 帯広市内にもあるみたいなんですけどね、っていうか、HP見たけど、高い・・・・・。
 
 1時間の値段が、大阪難波のあの蛇のような動きで、足をからめてくる男の人がいる予約しないとまったく施術受けられない、延長も無理とはじめから言われる店より、1時間の値段が高いところへ行く気にはならない・・・・・・。

  難波で、1時間4500円とかの世界でしたよ、確か・・・・。

 しかも帯広のマッサージ1時間の単価は年々下がる一方で、1時間5000円の店にはいけない・・・・・。

 その点、ホックは、2時間で5000円なんで、クルマで池田まで行ってまで施術を受ける価値があるんですね・・・・。

 足がやばいぞ、って今回、多少、足に時間かけてくれたんですけど、それで、1時間越えてしまうんですよね・・・・・。

 あっそうそう、今月の15日から、1周年ということで、2時間 4000円みたいです・・・・。

 20%OFFって言ってたんで、2時間4000円って書き方よろしくないかもしれませんが、まずは試してもらいたいですね・・・。

 タイ古式マッサージの、威力・・・・・。

 電話番号 080−3597−5615 

 
 十勝東部、帯広、音更、幕別、本別、浦幌、足寄、豊頃、これを読んでくれている方、サクラ、絶対おすすめします・・・・・・。


 どんな感じになるのかは、施術が終わってから、その翌日にも実感できます・・・・。

 ただのマッサージとの違いが・・・・・・いやというほど・・・。


 といったところで、今日は、ちょい夢の話もUPするので、この辺で

 サクラ。




【幸せの種を見つける方法   presents by sakura ame】


※ 手順1 まず下の広告バナーをクリックします。
 



※ 手順2 そして、次に、下のバナーをクリックするとあなたは、きっと必ず幸運の種を見つけることになります。
『月収300万円 !?
4階層携帯バナー』




※ 手順3 下のページのような携帯ブログを作成する。(普通のブログを作っている人なら、簡単に作れるでしょうし、内容のある記事も、おいおい書いてUPしてゆけるかと思います。)


サクラAMEの幸せの種







 
posted by サクラAME at 19:24| ☀| Comment(0) | 整体・足つぼ・マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

タイ古式マッサージに行ってきました。

 健康への道・・・・・。

 その名にふさわしい、今日は、サクラは行動だったと思います。

 その前に、今日行ってきたタイ古式マッサージの場所とか、値段と施術時間とか、予約電話番号(施術中はでない電話に主義なんだそうです、だからメッセージ入れておくといいみたいですね)とか、まだ、グーグルとか、に、地図等載ってないので、帯広から、そこまでゆくルート(帯広から20キロ離れた池田町という場所にありますが、それだけの距離を走っても、絶対にお勧めできるので・・・・)書きますね。

まず名前。

 タイ古式マッサージサロン ホック

 で住所なのですが、帯広から東へ20キロほど行った池田町という、ドリカムの吉田美和さんの生まれ故郷です。そして、実はサクラの生まれ故郷でもありまして、サクラの名前かなりめずらしく、サクラの名を池田町で出すと、100%あれっという名前なんですね・・・・。

 まぁ、それはおいておいて。

 池田町の旭町というところにあります。

(根室本線沿いのスーパーフクハラと願慶寺という大きなお寺を挟んだとおりを西へ行くとあるのですが、最初は電話で場所確認してもらいながらゆくと、外に出て待っていてくれるので、わかります)

 予約電話番号は、080−3597−5615
  
 で、値段と時間なのですが。

 120分で、5000円と、破格です。

 帯広市内にあるタイ古式マッサージ店の半額です。

 でも、本当にしっかりとし、また、ゆったり、きちんとした施術をしてくれます。
 大阪の難波で一度タイ古式マッサージを経験したことあり、そのときにタイ古式マッサージに感動し。

 もう一回行きたい、な、と格安大阪ツアーに行くつもりでいたのが、30分で行ける場所でしかも、5000円でたっぷり、きっちりやってくれるサロン見つけてしまったんで、しばらくは、通い詰めるでしょう・・・・。 

 これ読んで、気になった方は電話だけでもしてみてください、タイミング合わないと(施術している最中だと)、でませんが、施術が終わったらコールバックしてくれます。

 あと、この近辺には、水彩画のプロというか、なんともいえない画風が、とてもジーンとくる画家さんがやっている喫茶店もあるし、名前忘れたけど、非常におしいしいアイスクリーム屋さんもあるし、サクラの小説に出てくるフンべ山も見える【笑】

 
 


 で、健康の道・・・・・。

 まず、朝、というか、昼近くにいつものように帯広市営プール・スインピアへ行き、帰ってきてから、昨日から自作のタレにつけておいたものを、ざんぎ風に揚げ焼きして、ほんの少しのご飯と一緒においしく頂いて、それから、昨日の思いもよらない競馬の勝ちがあったので、その分で、ちょいと、タイ古式マッサージにでも、と思い思い切って(前回は施術中で、留守電になり、ものすごい肩が痛くて、凝りすぎてですね、痛くて、コールバックを我慢できずに、近くの行ったことのない整体院に行きましたが、はずれでした・・・・。

 なので、今日は、そんなにコリがひどいとかじゃ〜ないので、絶対行きたいなと思ったら、すぐにつながって、すぐに施術できるということで、十勝・帯広近辺の人ならわかると思うのですが、十勝川温泉ルートを、それなりに急いで、生まれ故郷の池田町を目指しました。

 もう、幹線道路の再開発というか、インフラ整備は、十勝は、もうこれでもか、というくらい進んでいるので、昔は曲がったり、迂回したり、しながら池田町を目指したのが、今は、音更という町の西の端から、基本、まっすぐで池田町まで行きます・・・・。

 池田町は、根室本線で釧路市へ、そして、もうなくなってしまいましたが、第3セクターふるさと銀河線で、北見市へ行ける、サクラが生まれたころは、結構、交通の肝になっていた町でしたが、今は、ふるさと銀河線もなくなり、札幌〜釧路間を結ぶ特急おおぞらは基本止まりますが、帯広〜釧路間をつなぐ国道38号線は、池田町に入る手前から、南へつながっていて、今は、東へ向かった行きどまりの街、そんな感が否めない町ですね・・・。

 一応・・・・北へ向かう国道を走ってゆくと松山千春在住の足寄町につながってはいますが、帯広の人は、池田経由よりも、士幌経由の国道ですね・・・・たぶん・・・足寄・北見市へ向かうときは・・・・。

 だもんで、池田へ行く、場合は、池田に用事がある観光とか、そういうからみでもないと通りすぎることはない街なんです・・・。

 でも、観光的な名所も多く、自然以外に何もないような・・・あと、ワイン城と観覧車がありますけどね・・・・。

 あと吉田美和記念館?かドリカム記念館?名称は忘れましたが、これ、できて結構人が訪れるようになったとか、ならないとか・・・。

 あと、池田町民は、十勝ワイン町民還元用ワインがもらえるのと、たしか、池田町でやるドリカムのコンサートへ無料で招待されるとか、住むと(ドリカムファン)にはめっちゃメリットある町ですよね。

 だって、小さい町営体育館で、たぶん演るしかないと思うんで、いや、っつーほど顔が見えるし、動きも見える。

 ドームだとかだと、アリーナでも後ろだったら粒にしか見えないライブにお金払ってゆく人がいるんだから、池田町シークレットライブみたいなのいける人ってウルトラ大ラッキーですよね。

 でも、ただ、やっぱりどこの何子ちゃんがどうしたこうした、みんなが知っているような部落の町なので、お年寄りの面々は、あの美和ちゃんが、こんなに大きくなってよか、よか、って感じなんでしょうね・・・。

 で、そういった池田町の前述したタイ古式マッサージに行きまして、そして、帯広に戻ってほんの少し用事を足して、それから、本当はあまりよくないんですが、お風呂に1時間くらいはいってました・・・。

 考え事していたら、そんなんなってしまって、今、昨日の雪の絡みからか、めっちゃ寒いんですけど、サクラ背中と胸にうっすらと汗かきながら、このブログ書いてます・・・・。

 でも、本当、昔回想シーンってやつですけど・・・・。

 サクラがプールバー(ビリヤードがあるショットバー)でバイトしているときに、デビューしたての頃、そこのマスターとお友達だって、やってきたとき、すげ〜アカぬけてるけど、正直、ルックス的に売れないだろう・・・・・、というサクラを含めたバーのみんなで発売前のアルバムのデモテープ聴いた時、思ったものですが、即効、そのあと売れた・・・・・。

 たぶん、音楽でプロ、という壁は、まだ、少々の才能としゃかりきな努力で越えられる、と思っていましたけど、今でも思っていますが、売れる、のは、本当の才能、驚異のルックス、伊藤由奈ばりのありえない歌唱力とか、ないと行けないって、サクラ、これでも、高校時代に弱小レコード会社からお声はかかっていたんですよね・・・・。

 でも、自分で作った歌なし、バンドも全員ではなく、ボーカルだったサクラと、その後プロデビューしたドラムのやつだけ、あとは、別途、ギター、ベース、で、バンド名も、北海道らしい名前・・・。
 
 ”ホワイトベアー”とか、さ、そういう風にして、やらないとダメみたいな・・・・。

 白熊って・・・・・・。って・・・・・・。

 高校卒業して、やる気あるなら連絡くれ、って言われたけど・・・。

 しなかった・・・・・・。

 というか、なるなら、ベースも、ギターも、実力もセンスもあるこの4人で行きたかったのと、やっぱ、プロになってから売れる自信がなかった・・・・。
 
 ルックスに・・・・・自信なかったですね・・・・。

 今更ですけどね・・・・・。

 バイトしながらみたいなのも、いやだった・・・・。

 甘やかされて育ったから、バイトしながら楽器を揃えるとかじゃなく、買ってもらって、スタジオ代も親に出してもらって、って、甘えていたから、バンドの練習量もたくさんとれた、でも、ドラムのやつは、最後のほうはバイトもしながらだったなぁ・・・・・。

 そのへんから、もう、サクラは絶対だと思っていたバンドの空中分解の日は来ることになっていたんですよね・・・・。でも。

 甘やかされていたから、やっと見つけて、唯一いっこ年下のギターの
脱退それだけで、サクラ・・・・・・死亡です・・・・・。

 今はもうめっきりいなくなった暴走車を乗り回し、警察と追っかけっこし、女の子を横にのっけてみたいな、ことに逃げた・・・。

 そうやって逃げて逃げて、逃げてきた先が今のサクラですよね・・・。

 ただ、その逃避のさなかに、学んだ、文学とか、文学を自分のものにするために得た知識とか、それは、逃げたことで、学べたものすごく一回の人生として知るには深い、ところまで、傾倒していけたので、あのときこうしておけばこうしておけばよかったな・・・って言うのはあまりないですね。

 人の死は、生きたときから、もう、目の前にあるものですから、記憶のような概念以外(それも輪廻転生があるとして)死の後の世界には持ってゆけないですから、たとえ、今すぐに野たれ死のうとも、もう、これ以上、宗教とか、の深い場所、人の心理的な世界の深いところ、人の持つ能力の深いところ、知りたいもないですしね・・・・・。

 これ以上踏み込むと、サクラが興味を抱いたどの世界だったとしても、ある種、普通とは違う人種になってしまいますしね・・・。

 というか、やたらともう眠る時間を越えてました///

明日早いので、やばいっす、状態なので、終わりにします。

 帯広近辺在住で、このブログに目を通してくれた人がいたら、ぜひ、池田町、タイ古式マッサージ・ホックに行ってみてください・・・。

 サクラ AM1:30
posted by サクラAME at 01:28| ☁| Comment(1) | 整体・足つぼ・マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


:.☆FC2小説☆.:.
全部無料でオンライン小説を!【FC2小説】 オンライン小説を、読み放題!創作し放題!! FC2小説ならパソコンでもケータイからもアクセスできます。


電話帳ナビ
あなたの店舗を電話帳ナビに載せてみませんか? 店舗紹介で動画掲載が出来たり 集客効果の高いクチコミ情報が得られる電話帳ナビを、まずは試してみよう!


新生銀行
もうくる円安、即GO!!外貨(全10通貨)為替手数料0円。

チャージして使う!国際キャッシュカード
スルガ銀行のATMは勿論、その他のATMでもチャージ(入金)が無料でできます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。